うつ病なら岡崎市の岡崎メンタルクリニック

幅広い年齢層・症状に対応しているメンタルクリニック

〒444-0871 愛知県岡崎市大西3丁目7−13

抑うつ症群 DEPRESSIVE

代表的な疾患

うつ病とは?

「まだ大丈夫」は危ない考えです

うつ病は、日常生活や仕事上の何らかのストレスが原因で、気分の落ち込みや食欲低下、不眠などの身体症状が2週間以上続くことで生活に支障をきたす疾患です。日本では約15人に1人が一生のうちに一度はうつ病になるといわれており、世界でも推計3億人がうつ病を患っているというデータもあります。現在ではうつ病は誰にでも発症し得る疾患となっています。「まだ大丈夫」「きっと気のせい」とは思わずに、気になることがございましたらお気軽に当院までご相談ください。

こんな症状はご相談ください
  • 何をしても楽しくない
  • 集中力が持たない
  • 人と話すのが苦痛
  • 夜なかなか寝付けない
  • イライラしやすくなった
  • 食欲がわかない/暴飲暴食をしてしまう
  • 気づいたら泣いている
  • 自分はダメな人間だと思う
  • 「死にたい」と思うようになった

うつ病の特徴

次の項目の内1か2のチェックを含み、合計5つ以上の項目が2週間以上続いているようでしたら、一度ご相談いただくことをおすすめいたします。

1 憂うつな気分が一日中続く
2 これまで好きだったことに興味がわかない、何をしても楽しくない
3 食欲が減っている、または増えている
4 眠れない、または寝すぎてしまう
5 イライラして怒りっぽくなっている
6 すぐに疲れてしまい、何もやる気になれない
7 自分に価値がないように思えてしまう
8 集中力がなくなり、物事が決断できない
9 死にたい、消えてしまいたい、いないほうが良いと思ってしまう

うつ病の初期段階では、心の不調ではなく身体の不調として現れることがほとんどです。特に思春期にはそういった傾向がより強いと言われています。食欲や睡眠に現れるだけでなく、倦怠感や集中力の低下、頭痛やめまいといった身体の症状が現れ、ひきこもってしまったり、暴力などの行動として表現されることがあります。
また、うつ病の症状は、朝が一番悪く、午後~夕方にかけて改善してくることが傾向としてあります。朝なかなか起きられずに学校を休んだものの、午後からは具合がよさそうに見えるなど、周囲からは少しサボっているだけのように見える場合も多いです。

うつ病になりやすい人
の性格

うつ病院の病前性格として、メランコリー親和型性格があります。
メランコリー親和型性格の傾向は、「秩序を好む」「他人に配慮する」「徹底して行動をする」ことがあげられます。
通常時は、真面目で勤勉なため周囲からの評価は高い場合が多いですが、「環境変化への対応が苦手」「他人に配慮しすぎて依頼を断り切れず仕事を抱え込む」ことも多いため、一定の条件下でうつ病になってしまうケースが多いです。

うつ病と間違われやすい
病気について

身体疾患

脳卒中やパーキンソン病、甲状腺などの内分泌疾患、肝炎やヒト免疫不全ウイルスなどの感染症など。

物質誘発性気分障害

物質誘発性気分障害とは、薬物や処方箋などの物質により、気分の変調が引き起こされた状態のことです。アルコールも抑うつ気分を引き起こすことがありますので注意が必要です。

認知症

高齢者はうつ病の発症で、物忘れや集中力の低下など認知症に似た症状が発症する場合が多く、誤診される場合があります。

双極症群

うつ病は、イライラ感が強く易怒的になることがありますが、双極症群も同じように易怒的になる場合があります。

神経発達障害群

うつ病は、注意が散漫になったり、我慢する力が弱まったりしますので、注意欠陥や多動性障害などの神経発達障害群と診断される場合があります。

治療について

心理療法(カウンセリング)

心理療法は、対話をメインに患者さまの内面を理解し共感することによって、精神的な安定を持っていただく治療法です。心理療法は大きく分けて、「支持的精神療法」「認知行動療法」「対人関係療法」があります。患者さまのお悩み、現在置かれている状況を詳しくお伺いし、適切な心理療法を行います。無理にお答えいただく必要はございませんので、まずはお答えいただける範囲でご様子をお伝えいただければと思います。

支持的精神療法

精神疾患に対する基本的な心理療法です。うつ病は「もうおしまいだ」「何をやってもうまくいかない」など過度に自分を追いつめてしまいますので、まずは悲観的な考えを抱く原因がうつ病にあるということを説明し理解していただきます。その後、自分を追い詰めすぎない考え方を自然と身に付けてもらうようカウンセリングを行います。

認知行動療法

人間の感情は認知の影響をうけていますので、陥りがちな考え方のパターンに気づいてもらい、感情を変化させていく心理療法です。偏った認知により患者さまが苦痛を引き起こしている場合が多いので、行動分析により導き出された方法で改善を図ります。

対人関係療法

重要な人の死や孤独、社会的孤立、役割の変化など対人関係により精神疾患の症状が発症している場合は、自分の気持ちの安定に影響が大きい人を確認し、その人間関係と症状の関係を理解することで対処法を見つけ出していきます。

薬物療法

中等度症以上のうつ病の場合、抗うつ薬や抗不安薬を使用する場合がありますが、長期投与は推奨されていません。当院は患者さまの治療負担を軽減できるよう、必要最小限のお薬での治療を心掛けております。

休養のための環境づくり

うつ病で重要なことは、病気のことを理解し十分な休養をとることです。責任感により本人が休むことを拒否したり、経済的な理由で休養をとることが難しい場合もありますので、患者さまやご家族にしっかりと説明を行い、休養をとるためにどのような環境をつくればよいか考え、アドバイスを行います。

月経前不快気分障害
※ただいま準備中です