統合失調スペクトラム症群なら岡崎市の岡崎メンタルクリニック

幅広い年齢層・症状に対応しているメンタルクリニック

〒444-0871 愛知県岡崎市大西3丁目7−13

統合失調
スペクトラム症群
SCHIZOPHRENIA

統合失調症・
妄想症とは?

100人に1人が発症する
意外と身近な精神疾患です

統合失調症は、脳の働きの低下によって、本来自分にないはずの感覚(妄想・幻覚)が現れたり、本来できていることができなくなったり(感情表現の減少・意欲の低下)する疾患です。主に思春期・青年期に発症することが多く、日本でも患者数は約80万人といわれており、約100人に1人の割合で発症する代表的な精神疾患です。「妄想」状態が日常的に長く続く症状の場合は妄想症と呼びます。放置すると症状がどんどん悪化するため、気になる症状がございましたら早めに当院までご相談ください。

こんな症状はご相談ください
  • 周りに誰もいないのに声が聞こえる
  • みんな自分のことを非難しているように思う
  • 人付き合いが億劫
  • 何事に対してもやる気が出ない
  • 注意散漫になっている
  • 部屋でひとり言を言っている

統合失調症の原因

統合失調症の患者さまを親にもつ子どもの生涯発病率は約10%で、一般の人口の約10倍の発病率です。
このことから、統合失調症と遺伝的関係は高いと言われています。
ただし、遺伝的に同じ一卵性双生児の発症率が50%ですので、統合失調症の発症が遺伝だけではなく、環境的要因も関わっていると言えます。
統合失調症の方は、発病する前から脳が機能的に変化しており、幼少期から言語、運動の遅れ、不器用さや社交性の乏しさなどの発達の遅れが確認される頻度が高いという研究結果があります。

環境的要因の例

母体のウイルス感染

出生児低体重

新生児仮死

子宮弛緩

妊娠糖尿病

都会生まれ

統合失調症の
再発について

5年以内に7割の患者さまが
再発を経験します

統合失調症は再発率が高く、5年以内に7割程の患者さまが再発を経験すると言われています。ただし、統合失調症になってから1年以内に治療を開始した場合は、再発率を2割程度まで下げることができると言われていますので、気になる症状がありましたら早めにご相談ください。

長期予後について

統合失調症の長期予後は、医学の進歩とともに好転しており、社会適応ができている方は5割程度になっています。また、全体の9割程度の方が一定の症状改善を認識しています。今後も医学は進歩し、完全寛解の割合はこれからも改善し続けると見込まれています。
また、再発に大きく影響する要因はお薬を継続できているかどうかです。お薬の服用を中断してしまうと、再発率が6割程度まで上がってしまいます。副作用がある場合はすぐに医師に相談し、自己判断でお薬の服用はやめないように注意しましょう。

治療について

薬物療法

統合失調症では、抗精神病薬を使用します。従来の抗精神病薬は、ドパミンD2受容体遮断が主な作用である定型抗精神病薬(第一世代抗精神病薬)で副作用が顕著でしたが、現在はドパミンD2受容体のみならず、セロトニン2A受容体など他の受容体の遮断作用もあるため、副作用が軽減されたことで内服を続けやすくなっています。

作業療法

作業療法は、薬物療法がない古い時代から存在している治療方法で、幻覚や妄想が落ち着いた安定期に行われることが多いです。作業をすることによって、生活リズムの回復や活動性の向上、集団の中での作業を通した他者との関わりの練習をすることで症状を改善させていきます。

よくあるご質問

Q

統合失調症の治療にはどれぐらい時間がかかりますか?

統合失調症の治療期間は個人によって異なり、治療の長さは症状の重症度、患者さまの治療への協力度、治療方法によって変わります。きちんと治療を行えば社会復帰も可能なため、定期的な診察をお願いしております。

Q

再発が心配です。

症状の再発にはさまざまな要因があるため、一度完治したと思っても、ストレスや環境要因で再発してしまう可能性はあります。また、治療過程で症状が改善し、調子が良くなったと思って治療を止めてしまうと、再発する可能性が高くなります。治療をしっかり継続することで、再発防止や症状の抑制ができるため、きちんと治療を一緒に続けましょう。