治療について|岡崎市の心療内科|岡崎メンタルクリニック

幅広い年齢層・症状に対応しているメンタルクリニック

〒444-0871 愛知県岡崎市大西3丁目7−13

トピックス TOPICS

治療について

心理療法(カウンセリング)

心理療法は、対話をメインに患者さまの内面を理解し共感することによって、精神的な安定を持っていただく治療法です。心理療法は大きく分けて、「支持的精神療法」「認知行動療法」「対人関係療法」があります。患者さまのお悩み、現在置かれている状況を詳しくお伺いし、適切な心理療法を行います。無理にお答えいただく必要はございませんので、まずはお答えいただける範囲でご様子をお伝えいただければと思います。

支持的精神療法

精神疾患に対する基本的な心理療法です。うつ病は「もうおしまいだ」「何をやってもうまくいかない」など過度に自分を追いつめてしまいますので、まずは悲観的な考えを抱く原因がうつ病にあるということを説明し理解していただきます。その後、自分を追い詰めすぎない考え方を自然と身に付けてもらうようカウンセリングを行います。

認知行動療法

人間の感情は認知の影響をうけていますので、陥りがちな考え方のパターンに気づいてもらい、感情を変化させていく心理療法です。偏った認知により患者さまが苦痛を引き起こしている場合が多いので、行動分析により導き出された方法で改善を図ります。

対人関係療法

重要な人の死や孤独、社会的孤立、役割の変化など対人関係により精神疾患の症状が発症している場合は、自分の気持ちの安定に影響が大きい人を確認し、その人間関係と症状の関係を理解することで対処法を見つけ出していきます。

薬物療法

中等度症以上のうつ病の場合、抗うつ薬や抗不安薬を使用する場合がありますが、長期投与は推奨されていません。当院は患者さまの治療負担を軽減できるよう、必要最小限のお薬での治療を心掛けております。

休養のための環境づくり

うつ病で重要なことは、病気のことを理解し十分な休養をとることです。責任感により本人が休むことを拒否したり、経済的な理由で休養をとることが難しい場合もありますので、患者さまやご家族にしっかりと説明を行い、休養をとるためにどのような環境をつくればよいか考え、アドバイスを行います。