治療について|岡崎市の心療内科|岡崎メンタルクリニック

幅広い年齢層・症状に対応しているメンタルクリニック

〒444-0871 愛知県岡崎市大西3丁目7−13

トピックス TOPICS

治療について

薬物療法

統合失調症では、抗精神病薬を使用します。従来の抗精神病薬は、ドパミンD2受容体遮断が主な作用である定型抗精神病薬(第一世代抗精神病薬)で副作用が顕著でしたが、現在はドパミンD2受容体のみならず、セロトニン2A受容体など他の受容体の遮断作用もあるため、副作用が軽減されたことで内服を続けやすくなっています。

作業療法

作業療法は、薬物療法がない古い時代から存在している治療方法で、幻覚や妄想が落ち着いた安定期に行われることが多いです。作業をすることによって、生活リズムの回復や活動性の向上、集団の中での作業を通した他者との関わりの練習をすることで症状を改善させていきます。