むずむず脚症候群とは?|岡崎市の心療内科|岡崎メンタルクリニック

幅広い年齢層・症状に対応しているメンタルクリニック

〒444-0871 愛知県岡崎市大西3丁目7−13

トピックス TOPICS

むずむず脚症候群とは?

脚がむずむずして眠れない場合はご相談ください

むずむず脚症候群は、夜寝ようとすると、足に不快な感覚が生じ、じっとしていられず、眠りに就くことが難しくなる病気です。脳内伝達物質のドパミンがうまく働かないことが、その原因の1つとされています。また、ドパミンを体内で作るのに鉄が必要とされることから、鉄分が不足していることも原因となります。症状は、足の異常感覚が中心で、むずむず感以外に、痛み、不快感、虫が這う感じと訴える方もいらっしゃいます。また、その結果、寝入りが悪くなり、不眠となることもあります。この病気の特徴として、足を動かすと症状が軽くなるというものがあり、診断基準の1つとなっています。その割合は、睡眠障害の中では、睡眠時無呼吸症候群に次いで高く、何と人口の2~4%程度と言われています。

こんな症状はご相談ください
  • 夜足に不快な感覚が生じることがある
  • 足がむずむずして眠れない