治療について|岡崎市の心療内科|岡崎メンタルクリニック

幅広い年齢層・症状に対応しているメンタルクリニック

〒444-0871 愛知県岡崎市大西3丁目7−13

トピックス TOPICS

治療について

非薬物療法

主に生活指導が中心となります。ナルコレプシーなどの過眠症では睡眠不足によって日中の眠気が増悪しやすいため、健常者以上に十分な睡眠を摂る必要があります。また、短時間の昼寝も日中の眠気の改善につながるとされ、通勤時間や昼休みを利用した10分~30分程度の計画的な昼寝を指導します。但し、過眠症については非薬物療法だけでは限界があるため、基本的には薬物療法と併用して行います。

薬物療法

主に日中の眠気に対してモダフィニル(モディオダール)などを使用した薬物療法を行います。中枢神経刺激薬であるモダフィニル(モディオダール)は、他の中枢神経刺激薬と比較して、依存性も少なく、重篤な副作用も少ないことから第一選択薬となっております。少量から開始して副作用を見極めながら、日中の眠気がコントロールできるところまで増量していきます。また、ナルコレプシーで見られる情動脱力発作や夜間の睡眠分断についても、それぞれ抗うつ薬や睡眠薬を使用して治療を行います。